WACKEN OPEN AIR 2014 ③ 初日編




タイトルは初日編ってなってるけどフェス的には今日が2日目の一番盛り上がる日。

昨夜は長時間のフライトで思っていたより疲労していたらしい。

ホテルに帰ってきてから記憶がほとんどないしシャワーも浴びずに寝てしまったらしい。とりあえず起きてシャワー浴びて出発の準備を。ホテルの入り口で一服。日本のジメジメした暑さではなくてカラッとしたヨーロッパの暑さが心地よい。

ホテルマンにバイバイして再びハンブルク空港へ。空港から直結の地下鉄に乗ってハンブルク中央駅に向かいます。以前ドイツに留学してたから切符の買い方とかは問題なし!中央駅にスムーズに行くことができた。

中央駅でWACKENの最寄駅Itzehoeへ行く特急に乗り換える。

なんかよくわからないけどヨーロッパの電車って感じがする。

ちゃんとItzehoeって文字があることを確かめる。

まあここから2時間くらいかな。しばしのヨーロッパ電車の旅。

電車に乗り込むと噂通りの暗黒空間(笑)だったw
乗客全員黒いバンT着てるwwさすがWACKEN週間だ。しかもみんな片手にビール持ってすでに出来上がって大声で歌ったりしてる。なんて陽気な空間なんだろうな。普通のおばあちゃんとかの乗客も嫌そうな顔せずにニコニコ見守ってるんだもな。日本だったらすげえ嫌な顔されてるわw

やっぱ日本人というかアジア人がいるのが珍しいのかそこらへんのメタラーが片っ端から話しかけてくる。ニイハオとか言われたりこんにちはって言ってくれる人もいたり。まああっちの人からしたら中国人も韓国人も日本人も見分けつかないわな。ただみんな共通してるのはすごいウェルカムだってこと。日本のバンドのことをいろいろ聞いてくれるしお酒をくれたり本当に着くまで楽しかったな。まだWACKENに着いてないのに行く途中からこんなに楽しいって最高だよね。

そんなこんなで楽しい時間を過ごしながらItzehoe駅に到着!

駅に降りたらシャトルバス待ちの長蛇の列。なんかテントみたいなところでシャトルバスのチケットを買って僕も列に並ぶ。

普通のサイズのバスの2倍くらい長くてかなりの人数を一回で運べたから思ったより待たなかった。立ち乗りだったけどかなりぎゅうぎゅうだったな(苦笑)しかも意外とWACKEN村まで遠くて20分くらい揺られてた。車内屈強なメタラーばかりだし僕みたいな貧弱なジャパニーズメタラーにはなかなかきつい車内の押し合いだった(笑)

あまりの混雑具合に外の景色も見てられなかったけどだんだん町に入っていって遂に到着!!!

WACKENの映像や写真で見る賑わっている町みたいなところで降ろされるかと思ってたんだけどシャトルバスの停留所はキャンプエリアの入り口のところで閑散としているところだった。初めてのWACKENだから右も左もわからずキャンプエリアの入り口のスタッフに聞いたらまずリストバンドを交換しろとのこと。キャンプエリアの入り口では持ってきたチケットを見せて入場。あの高い塔を目指してくれ!そこの下が交換所だ!と教えてくれた。
とりあえず目視できる塔を目指して歩き始めたんだけどこれがなかなか遠い。見えるからすぐ着くだろうなんて思ってたのが甘かった…キャンプエリアの広大さをなめてた…

どのくらい歩いたかな。迷いながらも塔を目指して30分くらい歩き続けたと思う。ようやくリストバンド交換所に到着。

交換所のお姉さんにカバンにつけてたハードロックカフェの上野限定のパンダのピンバッジが欲しいといわれあげたww入場リストバンドが布製のちゃんと刺繍されたやつでテンション上がった!!手首に金具押し込まれてしっかり留められてるから切らないと取れない仕様。周りのメタラーを見る感じずっとつけてるであろう人が多くて数年分のリストバンドを手首に巻いたままの人が多かった!!

リストバンドも交換してやっとスタートラインに立てた。さていよいよライブを見れる。

大きいリュックしょってみるのも嫌だし貴重品、パスポートは小さめの持ち運び用のショルダーに入れ替えてキャンプエリアのはじに置くことに(今考えるとテントもなしにそのまま草むらにおいてよく盗まれなかったなとw)

この時は早くWACKENの地でバンドが見たさ過ぎて荷物とか盗まれてもいいやくらいに思ってた。お金とパスポートだけ持っておけばどうにかなるだろうって。

遂に来たぜ聖地WACKEN

あの映像でしか見たことがなかった聖地に今自分がいる。なんか感慨深い。。。

少し緊張しながらステージに近づく。とりあえず後方から眺めることに

そして初WACKENでの初めてのバンドはというと…

FIVE FINGER DEATH PUNCH…

どうせなら他のバンドがよかったんだけど丁度演奏していたから仕方ないwww

アメリカではビルボードの上位にランクインするくらい人気バンドだけどヨーロッパではまだイマイチみたい。わかりやすい曲調のザアメリカンメタルって感じでノリやすいね。

5FDPを見て少しWACKENの雰囲気にも慣れたところでいろいろ町など散策することに

おおお!看板だ!!!

よく公式の映像で見る町のシンボルの塔!!!!!

この中はインフォメーションセンターになってる。WACKENのグッズなんかも販売してる。

町にはスーパーもあるし寝袋とかテントとかキャンプ用品売ってるホームセンター的な商店もあるからお金さえ持っていけば手ぶらでもどうにかなるってことはわかった。

ちょっと遅れたけどとりあえず一杯!

ちょっと糖分欲しててビールじゃなくてモンスターw

メインステージではイギリスのデスコアバンドBRING ME THE HORIZON

前作くらいからデスコアやめてメインストリームの壮大なメタルコアって感じに方向転換したんだけど個人的にはかなりこの変化はウェルカム。今までのデスコアサウンドだとこういう野外とか大きな会場ではどうしてもスケールの小ささを感じてしまうけど新曲はスケール大きくて会場を包み込んでた!かっこよかった!

この後は楽しみにしていたドイツのメタルコアバンドHEAVEN SHALL BURN

このバンドも人気あるのになかなか日本に来てくれないバンドの一つ。超巨大なWALL OF DEATHが起きることで有名。

さすが地元のバンド。人気がありすぎて全然前行けないわ。しかもみんな僕より身長高いから頑張って背伸びしないとステージが見えないw大きなスクリーンを見て楽しみました。
映像では見てたけど噂のWODもサークルピットも規模が大きすぎてまじでびびった。あまりの盛り上がりに砂埃がめっちゃ舞ってた。。HSBってカバーソングもまたいいんだよね。ドイツの国民的バンド?BLIND GUARDIANの曲のカバーも披露して観客の掴みも抜群だった。さすがでした。ラウドパークで日本にも来日してほしいな。

この2日目。夜まで見たいバンドが多すぎて休憩時間が全くない

HSBを堪能した後はフィンランドのメロディックデスメタルバンドCHILDREN OF BODOM

何回も日本で見てるバンドなので後ろで芝生に座りながらゆっくり鑑賞

今回初のビール!!

WACKENの公式スポンサーだからBECKSのビールなんだけどさ。。(あまり好きじゃない。)

フェスで飲むと美味い気がするねw

のんびり寝転んで聞いていたらいきなり陽気な人たちに叩き起こされる。一緒にCOB聴きながら踊ろうぜって誘われたw

こいつらと踊ってたww

この後チェロメタルAPOCALYPTICAを寝転びながら聞いてたんだけどまさかのケータイの充電が切れた!満タンにしてきたはずだったんだけどな。。この日の写真はもうありません。。今から一番盛り上がる時だったのに残念だけど自分の目に焼き付けておこう。

そして夜になって時間も21時を回ったところ一番楽しみにしていたと言っても過言ではないバンド

MOTORHEAD!!!

もうカッコ良すぎて暴れすぎた。。レミー本当にレジェンドだ。。昔の曲ももちろんかっこいいんだけどモーターヘッドの場合新作もかっこいいからな。ベテランバンドってだいたい昔の方が良かったとか昔の曲頼みでやってるバンドも多いと思うんだけどモーターヘッドは違うよな。2010年のラウドパーク以来だったけど流石のライブで大満足。

モーターヘッドで疲れ切ってたけどWACKENは休ませてくれない。2日目ヘッドライナーのSLAYERが登場

いい意味でほんといつものスレイヤーだった。ライブパフォーマンスは安定してるしさすがの迫力。ただハンネマンがいないのは残念でならないけど。。ライブ終盤にステージのバックプリントがハイネケンのロゴでハンネマンって書かれてるのに変わった時は少しうるってきちゃった。

スレイヤーが終わってこの後の日本に来れなかったKING DIAMONDは後ろで座ってほぼ寝ながら聞いてたから全く覚えてないwwwただステージがすごい豪華だったことだけは少し記憶してるw

もう体力も限界だし寝たいって思ったけどずっとライブ見てたから寝袋もテントも買ってないことに今更気づく(苦笑)一応キャンプエリアに戻ってリュックを枕にそのまま地面で寝ようかと思ったけど疲れすぎて休みたかったので急遽ハンブルク中央駅のホテル予約して深夜にタクシーでホテルに帰りましたwお金があればどうにでもなる!!

④最終日へ続く







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です