WACKEN OPEN AIR 2018①出発編




今年も行ってきました。そう毎年恒例のドイツ旅行。

そんなことでWACKEN 2018についてまとめようかなっと。

例年は成田からフィンエアーでヘルシンキ経由、ハンブルクまで行くんだけど今年は中部国際空港(セントレア)から行きました。だって東京から行くよりも3万くらい安かったんだもん、、航空券は約15万でした

7/31の深夜バスで翌朝名古屋入り、そのまま10時30分発の飛行機でヘルシンキまで約11時間のフライトっていうハードスケジュール?

いくら東京から名古屋までとはいえ深夜バスは疲れるね、、、もともと深夜バスは苦手だしほぼ人生の中で乗ってこなかったんだけどきついわ!

周りの人のいびきはうるさいしガタガタで眠れないわ最悪。しかも席がタイヤの上だったらしくて揺れが激しい。いくら安いとはいえもう乗らないかなw

そんなこんなで早朝に名古屋に着いてセントレアに到着。

今年も安心と安定のフィンエアー。ムーミンよろしくお願いします。

さよなら暑い日本!(と思って出発したんだけど、、、)

機内食はこんな感じ、味はうん普通、焼きそばはおいしかったかなw

11時間のフライトを経てヘルシンキ空港到着!トランジットの時間に余裕があるので一杯ひっかけました

フィンランドのビールなのかな?結構甘みがあって飲みやすい!

そしてハンブルク行きの飛行機に乗換、ここら辺からWACKENに向かうであろうメタラーたちがちょこちょこ現れ始めるw

約二時間のフライトでハンブルクに到着!

このハンブルク空港が毎年この時期だけWACKEN一色になってるんだよね。空港のスタッフはみんなWACKEN AIRPORTって書かれたTシャツ着てるし待合室のテレビでは今までのWACKENのライブ映像流してるしここに来ると一気に気持ちが高まる。

もう何度も来てるし小さい空港だからいろんな場所はほぼ把握してる。

やっと涼しいところに避暑できたと思って外に出てみると、、、

アッツ!!!!!

普通に暑くてびっくり!日本みたいにジメジメした暑さではないけど普通に30度近くある、、、

明日から思いやられるなと思いながら空港近くのホテルへ

ここのホテルも毎年お世話になってる。だいたいの人がハンブルク空港着いたら直接現地向かうと思うんだけど自分は毎年着いた日はゆっくり疲れ取りたいから空港近くのホテルに一泊してる。

これは夜9時のハンブルク。明るい。日が長いっていいよね。気分がいい。

②に続きます→

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です