WACKEN OPEN AIR 2018②出発編




ようやくハンブルクについてホテルに荷物を置いて電車で繁華街に出ておいしいものでも食べようかなって意気込んでたのに時差ボケでまさかの爆睡。。気づいたら朝の4時、、、

何も食べてないからおなかペコペコ。こんな時間にお店はやってないしコンビニなんてもちろんないから飲み物すら買えない、、、

とりあえず空港に行ってみると奇跡的に4時開店のお店がやっていました泣

タマゴサンド的なやつ

こんなにシンプルなのにうまいんだろうね。場所がドイツだからか!?w

ドイツの朝食って本当に好き!美味しそうなパンがいっぱい並んでて食欲がそそられる!

とりあえず腹ごしらえを済ませいざ出発!

WACKENの最寄駅になるitzehoe駅まで約1時間半の電車の旅。

今回は駅で切符を買わずにネットでチケット購入。

「DB NAVIGATOR」

https://www.bahn.com/en/view/booking-information/booking/db-navigator-app.shtml

このアプリ本当に便利。アプリから行き先までのチケットが買えて購入完了するとチケットのQRコードが表示できるようになるからもし車掌さんがきたらその画面を見せればいいだけ。

ハンブルク空港からSバーン(地下鉄)でハンブルク中央駅まで行ってICっていういわゆる特急のようなものに乗り換えてitzahoeに向かいました。切符代は21ユーロ、こんな感じ

ハンブルク中央駅で乗り換え時間に余裕があったのでカリーヴルスト!

今回旅行初のソーセージ!美味い!

ICに無事乗り換えいざitzehoeへ!

ハンブルク中央駅の都会感からどんどん何もなくなって畑だけの景色に移り変わっていく。広大な土地を見てると癒されます。。

電車に揺られること約1時間ようやくitzehoe駅に到着!ここからは公式のシャトルバス(確か10ユーロ?)で行こうと思ったけど初日ってことでバス内が混んでいそうだったのでタクシーを使うことに。

タクシーはフェス期間は一律45ユーロ。快適に現地に向かうことに

さすがはアウトバーンの国ドイツ、なんと最高時速175キロで爆走(汗)

さすがは高級車の国ドイツ、タクシーがベンツ!!

タクシー運転手のお姉さんがなかなかクレイジーな人で飛ばすは飛ばす、、冷や汗モノ、、、

WACKENの看板が見えると私たちが写真を撮るためにスピードを緩めてくれたり本当にいい人だった

ヴァッケン村に到着するちょっと手前で見覚えのあるオブジェが!!!!

あの公式動画でよく見るWACKENオブジェ!!!

5年目で初めて場所を見つけて感動

思わず見つけた瞬間タクシー止めてって叫んだから運転手のお姉さんびっくりさせちゃったwごめんw

そしていよいよ帰ってきた、、、

WACKEN!!!!!!!!

毎年過酷な思いをしながらもなぜか戻ってきてしまう不思議な町

この村には今メタルヘッズしかいないと思うと興奮w

初日のライブレポは次で書きまーす

 

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です