WACKEN OPEN AIR 2018 ③ 初日編




一年ぶりに帰ってきたWACKEN!!

まず三日間の拠点を作らなければならないので場所探し。今年は前夜祭からではなく初日からの参戦なのでステージに行きやすい立地がいい場所はほとんど空いてないのでシャトルバスの発着点近くの入り口付近に張ることに。

本当は借りテントでもよかったんだけど三日間で3万以上するのでアマゾンで4000円のテントを買って持参。

テントを張る場所って本当に大事なんだよね。。。夜中まで騒いでる人たちが大半で夜は静かに睡眠取りたい人は大きいテントやキャンピングカーの近くは要注意。スピーカー持ってきて爆音で一晩中流してる人もざらに・・あまりテントがないエリアにしてもいたずらされたり荷物盗難されるから注意。人が歩く沿道沿いに張るのもうるさいから個人的にあまりおススメはしない。

ってことで程よく小さいテントが張られてて静かそうなところを今年の拠点に!

テントを張り終えたら入場リストバンドの交換に。今まで紙チケットで入場リストバンドと交換だったんだけど今年からキャッシュレスカードがチケット替わりで紙チケットはただのお飾りらしい

入場リストバンド交換を終え今年のヴァッケン初ビール!!!!

世界輸出量No.1ビール(確か)BECKS!!!!!!!!

ビールが4ユーロ、カップ代でデポジット1ユーロ(カップ返せば返却)

後味がさっぱりしていてぐいぐいいけちゃう。フェス期間中に何杯飲むことになるのだろうか。。。。

それにしても今年は天気が良すぎる!!!泥沼よりはましだけどあまりの暑さに日陰を探すがみんな考えていることは一緒でビアガーデンステージのパラソルがついている場所は全滅、、フィールドは全く日陰がない灼熱地獄。給水エリアの水を頭からかぶってもすぐ乾いちゃうし晴れたら晴れたで体力的にきつい泣

 

日本と違って湿気があまりないからカラッカラで気持ちいんだけど日差しが強すぎて痛い、

今回は泥沼じゃないから芝生に座れるのは最高

レミーバーなんていうのもできてたり。

2015年にフジロックで来日した時たまたま越後湯沢駅で遭遇して話しかけたのはいい思い出

もちろんジャックコークがウリ!コーラのジャックダニエル割りかもしれないけど苦笑

 

 

だんだんメインステージも人が集まりだしてきた!

初日の目当てはCONVERGE、JUDAS PRIEST!!!

体力の配分を考えて休憩8割ライブ2割で楽しんだ!w

アメリカのカオティックハードコアバンドCONVERGE!!

相変わらずのめちゃくちゃぶり!新譜が良かったから期待してたけど期待以上のライブパーフォーマンス!ヘドバンしまくりだよね。

新旧バランスの良いセトリで盛り上がってたな。最初は狭いライブハウスではなくてこんな広い会場でどうなんだろうなんて思ったけどCONVERGEはどこで見てもCONVERGEだった(よくわからない)

このあと時差ボケの影響で眠気が来たため一回テントに戻って睡眠をとることに、

はい、起きたら完全に夜でした、やらかした!!!(何回目だよ

DANZIGも見たかったんだけどな、、、まじ悔しい。絶対日本じゃ見れないよな、、、

プリーストに間に合ったのはよかった、、、

そしてJUDAS PRIEST!!!!!!!!

WACKENで見るのは2015年以来。

もうね最高だよ!かっこよすぎる!新譜のファイアーパワーは古臭くなくモダンなサウンドで今年の新譜の中でもダントツかっこよかったからね。

11月に日本公演控えてるけど一足先にライブで新曲が聞けて良かった!

ロブの調子もここ数年めっちゃいい!!ハイトーンは全盛期とはいかないけどすごみが出できてもう渋すぎる

新旧まんべんないセットリストでラストではグレンも出てきて感動。なかなかキツそうだったけど、、、

最高の初日を終えました。

④二日目に続く→







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です