FREAK KITCHEN “Confusion To The Enemy”




超絶テクニックを持つギタリスト、マティアス・エクルンド率いるスウェーデンのスリーピースハードロックバンドFREAK KITCHEN、前作「Cooking With Pagans」から四年ぶり9枚目のアルバム。

アルバムを出すごとにマティアスのギターの変態度は上がっていて前作はタイトルトラックをはじめ疾走感とグルーブたっぷりの楽曲で傑作だった。今作も8弦ギターを駆使した低音ザクザクリフがとても心地よい。全体的にダークな雰囲気を漂わせているが根底にはポジティブさが垣間見え聞いていて元気をもらえる。マティアスのボーカルも年々深みを増しコーラスとの息もマッチングしている。陽気なボーカルで早口言葉のようなコミカルなリズムで進むアップテンポナンバーからメシュガーのような変則的なリズムで始まる曲など前作よりバラエティ豊か。よりヘヴィな音になりながらも全体的に重苦しくならずサビなどを綺麗なメロディで歌い上げることで一度聴いたら頭から離れない心地よいサウンドになっている。特殊なギター奏法で複雑なことをしているのにメロディアスに聞きやすく仕上げてくるのはさすがFREAK KITCHEN。難解でやっていることはすごいってっことはわかるけど耳に残らなかったり聞き疲れするバンドはたくさんあるけどFKみたいに聞きやすくどこか安心感を与えてくれるバンドはなかなかいない。前作のようにキラーチューンが一曲欲しかったがFK節たっぷりな唯一無二の世界観が広がっている一枚。

 

Rating:8.5/10

 

Release Date : 2018/12/19

Genre : Experimental Heavy Metal

Country : Sweden

Lebel : MARQUEE / Thunderstruck Productions

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です