【Album Review】 IN FOR THE KILL “In For The Kill”




以前からデビューアルバムが評判が良くいろんなところで噂を聞いていたIN FOR THE KILLを先日たまたまライブを見る機会があり楽曲の良さ、ノリ、演奏力、グルーヴ感がめちゃくちゃかっこよくてすぐにアルバムを購入。調べてみると元Metal Safariのメンバーがやってるバンドと知ってそりゃ好きなサウンドのはずだと納得。

静かな立ち上がりからどんどんスピードが加速するスラッシュナンバーから幕開け。切れ味鋭いギターリフ、疾走ツーバス、ボーカルInaの咆哮、安定したベースの重低音全てが聴いていて気持ちがいい。ハードコアサウンドを主体としながらもスラッシュメタルのようなギターリフで疾走していく。ただ爆走するだけではなく②「Serpent From Hell」のように随所にタメを作り曲の中でも疾走パート、シンガロングパートなどしっかり区別することで疾走一辺倒にならずリスナーを飽きさせない。

ミドルテンポなグルーヴィーな立ち上がりからボーカルを皮切りにだんだんとテンポが早くなっていく③「Berserk Song」はスラッシーなリフから駆け抜けてサビではシンガロング必至のシンプルなワード
で思わず腕を突き上げたくなる!長すぎず短すぎない楽曲のスピード感を落とさないギターソロもグッド。随所にNu Metalからの影響が感じられる。

特に④「Buried Alive」はP.O.Dなど2000年代初頭を思い出すNu Metal風のメロディでボーカルをサビもどこか懐かしくい印象を与えられる。Inaのボーカルはミドルナンバーだからと声色、スタ
イルを変えることなくシャウトで貫く。それが意外にも合っていい味を出している。激しいデスラッシュナンバーが続いてきてここでパワーバラードが入ることでアルバム全体にも良いフックをもたらしている。

ChimairaやFear Factory辺りを思い出す切れ味鋭いギターサウンドからモダンな展開で曲の多彩さが発揮されている古くもあり新しくもあるINFKサウンドを存分に楽しめるのが⑤「I Am a Stranger」
ハードコア、スラッシュメタル、Nu Metalから現代のモダンメタルまで上手く組み合わせだのがINFKサウンドだと感じる。

のっけからシンガロング必至のワードとグルーヴ感たっぷりでPanteraを思い起こすフレーズなどもあり思わずガッツポーズな⑥「Asphalt Mountain」

ゴリゴリベースからメロディアスなギターラインで曲が進行。随所に入る小刻みなギターリフがいいフックになりシンプルな王道デスラッシュナンバーの⑦などその後も勢い衰えることなくラストまで疾走し続ける!
全11曲38分休む暇のないあっという間の1枚。
懐かしさと新しさが融合しているどの年齢の人が聞いても楽しめるアルバムに仕上がっている。一曲一曲コンパクトに収められていてだれることも無く一気に聴けてしまう。個人的に最近のメタルコア系のバンドって難解なフレーズ入れたり、ちょっと不協和音鳴らして
みたり変拍子にしてみたりして個性を出そうとするけど逆にまとまらなくて印象に残らない曲に
なってるけどIFTKはそんな小細工はしないでシンプルにわかりやすく王道なサウンドで勝負してるのが好感持てるしモダンな新しさも上手く取り入れていて古臭さもない絶妙なバランスなサウンドだと感じた。ライブでは新曲も披露していたので早くセカンドアルバムを出して欲しい。

Rating:9/10

 

IN FOR THE KILL「In For The Kill」

Release Date : 2017/10/25

Genre : Metalcore

Country : Japan

Lebel : Reaper Entertainment/SPIRITUAL BEAST(国内)

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です