【Album Review】 STRUNG OUT “Songs of Armor and Devotion”




Fat Wreck Chordsのカリフォルニア産高速メロディックハードコア番長STRUNG OUTの4年ぶり9枚目のアルバム。スピーディーでメロディアスでメタリックだからパンク好きもメタル好きも大好きなStrung Out!今年の7月には来日公演も決まっています。詳細はこちら

アルバムは軽やかな気持ちの良いベース音から開幕!爽快なギターリフ、手数の多いドラムの爽やかな疾走ナンバーでいつも通りの安心感を与えてくれる。時折見せる純情的なサビもStrung Outの持ち味の一つ。
シリアスな雰囲気のイントロからBPMが加速していく#②はサビのコーラスも相まってしっとりと聴かせてくれる。
そして#③これぞまってましたと言わんばかりのstrung out節炸裂な今作一のキラーチューン。メロディアスなイントロを一聴しただけで名曲だと確信できる。イントロを聴くだけで曇った視界が一気に晴れやかになるくらいの名イントロ。夏に聴くにはぴったりな暑さを吹き飛ばす爽やかなメロディでツインギターソロもグッとくるエモーショナルさで気持ちいい。アメリカのバンドってなんでこんなに爽やかな曲が作れるのか本当に不思議に思う。聞くだけでサンタモニカみたいなアメリカの壮大な海岸とかが背景に浮かんでくるんだよね、やっぱ住んでる環境、バックグラウンドが大きく関係してるんだろうけど日本のメロコアバンドを聴いてもなかなか背景が見えてくるバンドっていないんだね。こういうところって本当に羨ましい。スケボー乗れないけど乗れてる自分を勝手に妄想しちゃうくらい気持ちのいい曲。所々哀愁漂うメロディが入るのもグッとくる。終盤のツインリードギターも長くなく短くもなくちょうどいい尺で曲のテンションギアを一段階上げてくれる。
#③とは打って変わって静かな立ち上がりで哀愁サウンドを響かせてくれる#④
この対比もまたStrung Outの一つの武器。爽やかなメロコア一辺倒っていうバンドはたくさんいるけどStrung Outのように爽やかなものからカチッとメタリックな曲、それからグッとくる哀愁メロコア曲まで作れるバンドはなかなかいない。歌メロを中心に手数の多いギタープレイを挟むのに曲のバランスを崩さず雰囲気を大切にしながら進行していく様子にメロディを大事にしているバンドなんだなと実感する。
メロディックスピードメタルバンドのようなツインギターから幕開けする#⑤などメタル好きも唸らせるスピード感。小刻みなギターリフ、シンプルなドラミングでテクニックをひけらかすのではなくしっかりメロコア風に仕上げる器用さが目立つ。
静かなギターイントロからシリアスなメロディ、コーラスで不思議な雰囲気を漂わせるがサビではいつものメロディアスな歌メロを聴かせてくれる#⑦、スリリングなギターからのアップテンポな王道メロコアナンバー⑧、しっとり雰囲気で艶やかに歌い上げる#⑨など後半にかけても曲調を変えるなど飽きさせない姿勢が伺える。少ししっとりした曲が続いた中で#⑫のようなアップテンポで勢いがあるパワーソングでアルバムの活気を蘇らせる。
前半に比べ後半は印象に残る曲が少なかったが単調になることなくバラエティ豊かな楽曲が並びそこまでだれることはなかった。前作よりメロディの充実度が高く今作の方が好きになった。来日公演に備えてもっと聴き込みたい。

Rating:7/10

 

STRUNG OUT「Songs of Armor and Devotion」

Release Date : 2019/8/9

Genre : Merodic Hardcore

Country : United States

Lebel : Fat Wreck Chords







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です